男らしさを演出してくれる男性の髭。

しかし、髭も濃すぎてしまうと頻繁に剃らなければいけなかったり、青髭になってしまったりと不快に思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな髭に悩まされている男性におすすめなのが「ゼロファクター」です。

これは手間もかからずに、低価格で濃い髭を薄くすることが出来るのです。

ではいったいゼロファクターとはどんなものなのかを紹介していきたいと思います。

ゼロファクターとは

最近では濃い髭の改善のためのメンズ脱毛を行えるサロンも増えてきています。

しかし、いくら濃い髭に悩んでいても脱毛まではしたくはないという方も多いと思います。

そんな方におすすめなのがゼロファクターという抑毛剤です。

文字通り脱毛のように完全に毛が生えないようにするのではなく、だんだんと毛を薄くさせていくものなので毛が無くツルツルになってしまうという抵抗感もありません。

そのため、ネットなどの口コミでは時々ゼロファクターの効果が無いと書かれているものもありますが、それは脱毛と抑毛の効果を勘違いしている人が多いのです。

抑毛剤は塗っていくうちにだんだんと今生えている毛を薄くし、次に生えてこようとしている毛の周期を遅らせることで毛を薄くしていきます。

そのため、効果が現れるまでにはどうしても時間がかかってしまうものなのです。

ですが、即効性がない事で効果が無いと感じてしまい使わなくなってしまうようですが、それではせっかく効果の出る準備が出来てきていても完全な効果を発揮しないまま終わってしまうのです。

そのためまず、ゼロファクターを使う時は使い続ける事で効果が出るということを意識して使ってください。

 

なぜ髭が生えにくくなるのか?

 

では、なぜ髭は濃くなるのでしょうか?

その理由は大きく分けると二つあります。

一つ目は加齢です。

髭や体毛は男性ホルモンの活性化によって発毛していきます。

つまり、男性ホルモンの分泌量によって髭や体毛の濃さや太さなどが変化していくということです。

その男性ホルモンの分泌は思春期を迎える13~18歳ごろから増え始めます。

中学生や高校生ごろから男の子に髭が生え始めるのはこういう理由からなのです。

そして、その分泌量も20代中盤には緩やかになってきますが、30代過ぎまで分泌は上昇していきます。

しかし、生活習慣やストレスによって男性ホルモンの分泌は増加してしまうので40代ごろにピークに達してそのまま横ばいの時期が続いていきます。

このように、男性ホルモンが多ければ多いほど男性の髭や体毛は濃くなっていってしまうのです。

もう一つの理由は、その男性ホルモンの活性化や成長を促すきっかけとなっている酵素「5αリダクターゼ」というものの働きになります。

この5αリダクターゼが男性ホルモンと結び付くことで5α-DHCという物質に変化し、毛の先端の毛乳頭という部分を活性化することで髭や体毛の成長を促進していくのです。

これらの説明から分かるように男性の髭には男性ホルモンが大きく関わっていることが分かったと思います。

しかし、一つ目の加齢による男性ホルモンの増加を抑制できるかというと…出来ませんよね。

そこでゼロファクターは二つ目の原因である5αリダクターゼの働きを抑制するように働きかけることで男性ホルモンが5α-DHCに変性するのを阻止し、毛を生えにくくしているのです。

ゼロファクターの成分は?

肌に直接付けるもののためどんな成分で作られているのか気になりますよね。

ゼロファクターには40もの有効成分が含まれています。

その中でも先程述べた5αリダクターゼの働きを抑制するための成分は11含まれています。

それらにはまず、皆さんも聞いたことのあるダイズエキスです。

ダイズエキスに含まれるイソフラボンは毛の再生や成長を抑える働きの他に、美白や肌の若返りの効果などがあります。

また、ヒオウギエキスという成分にもダイズエキス同様にイソフラボンが含まれています。

ジオウエキスには抗男性ホルモン作用だけでなく、血行促進作用や皮膚の細胞活性化の作用があります。

パパイン酵素には主にたんぱく質を分解する効能があるため、体毛のたんぱく質を分解して毛を細くすることで抜けやすくしています。

ザクロエキスは体内の活性酵素を減らす働きの他にエストロンという成分も微量ながら含まれているので、ムダ毛の抑制効果があります。

チョウジエキスにはとても強い抗菌作用があるので、皮膚のコンディションを調整してくれます。

他5種類の抑制成分の他にも肌の保護や修復、美肌に繋がる成分も含まれているため肌トラブルになりにくいように作られています。

詳しくはこちら→ゼロファクター 口コミ

ゼロファクターの使い方

ゼロファクターの使い方はいたって簡単です。

まず、いつも通りに髭を剃ります。

その後にゼロファクターのローションをまんべんなく塗り込みます。

そして、一日に3回程このローションを塗りこみます。

2~3ヶ月程度使っていると髭が目立たなくなっていきます。

たったこれだけです。

化粧水と同じようにただ塗るだけで良いのです。

ポイントは深剃りと洗顔にあります。

ローションを塗る前の髭剃りできちんと深剃りが出来ているとローションが毛穴に入りやすくなり、毛根への浸透が促進されます。

ゼロファクターのローションは独自の技術によりナノレベルまで微粒化して作られています。

そのため、もともと皮膚への浸透力は高いのですが髭剃り後に洗顔で毛穴の汚れをきちんと落としておくことでさらに浸透力をアップさせることが出来ます。

さらに抑毛効果をアップさせるにはゼロファクターから出ている髭剃り用シェービングジェルを使うことをおすすめします。

市販のものではなく、ゼロファクターのシェービングジェルを使うことで髭を柔らかくしていつも以上に深剃りが出来るようになります。

それによりローションが浸透しやすくなって抑制効果が促進されるのです。

ゼロファクターの買い方

ゼロファクターは残念ながら店頭では売っていません。

通販のみとなっています。

また、楽天では取り扱いが無いためAmazonのみの販売となっています。

しかし、Amazonでは原価での販売のため割引などは一切ありません。

そのため、ゼロファクターを一番安く手に入れる方法は公式サイトから買うことです。

公式サイトからだとシェービングジェルは通常4404円の所が33%オフの2743円で購入できます。

さらに、ローションは通常9000円の所を初回はなんと980円で購入できます。

この値段なら始めやすいですよね。この機会に始めてみてはいかがですか?

ゼロファクターについて分かってもらえたでしょうか?

ゼロファクターには抑毛効果はもちろんですが「肌の調子が良い」や「カミソリ負けをしなくなった」との口コミも多く寄せられています。

そのため、ゼロファクターは抑制効果だけでなく美肌にする効果もあるのです。

あなたもまずは980円で濃い髭から脱却してみませんか?

関連記事


    抑毛ジェルであるゼロファクターを御存じでしょうか。 髭が濃いという悩みを抱えている人の間でひそかに人気が出ている健康美容品です。 しかし、ゼロファクターってどのように使えばいいのかいまいちよく分からな…


    ゼロファクターは通販専用の商品ですが、ネットで購入できるので自宅で簡単に試せます。 ただし、楽天では5aSPシェイブジェルを見かけないので、5aSPローションのみの購入になります。 ゼロファクターはa…


    ムダ毛ケアをやっているけれど、毛穴が開いてしまって肌を露出出来ない と苦悩する人も数多く存在します。 エステに行ってお手入れすれば、毛穴の症状も良くなると思います。 ムダ毛の悩みというものは深刻ですが…


    成長期の頃になると髭が生えてきますが、なぜ生えてくるのか疑問に思っている人も少なくないでしょう。髭は男性ホルモンの分泌量が多い人ほど濃くなって量も多くなるので男性の方が濃い髭が生えてくる事が多いです。…


    髭は男のトレードマーク 男性の方なら誰しも一度は必ず髭を伸ばしたり、形を整えてみたりしてお洒落をしようと思ったことがあると思います。 雑誌のモデルや芸能人を見ていると綺麗に髭を整えていたり、またはワイ…