長年、住宅に住んでいると、住宅の劣化も激しくなり、外壁も色褪せたり、ボロボロになってきます。
そんな頃に塗装業者が訪ねてきて、塗装を勧められた方も多いことであろう。
その場で断る人もいれば、断り切れずに受け入れてしまう人もいる。
どう判断するかは個人の自由であるが、相手の業者も必ずも善人ではないということを理解しておかねばならない。
例えば、外壁塗装する必要がないのに、早急にしなければならないかのごとく勧めてくる。
所謂、詐欺である。日本全国、毎年この手の詐欺は多く発生している。
その多くは、業者が訪問して勧めてくる手法である。特に高齢者などは、勧められたら断り切れなかったり、外壁塗装の知識のなさを利用されて、上手く丸め込まれたりなどされる恐れがある為に危険である。
勿論、その様な業者は少数であり、まともな業者が殆んどである。
例えば、すぐ近くの家が外壁塗装を行なっており、業者の方が目に付いた家に訪問して勧めてくるとか、本当に塗り替えないといけない様なものであるなどである。
これらの業者をどう見分けるのか、それは自分自身が外壁塗装について、良く調べた上で判断するのが得策であろう。
その場で判断するのではなく、調べた上で、後から業者に依頼する。
これだけでも詐欺に遭う可能性は大幅に減るはずだ。

外壁塗装について勧められた人は
こちらも参考にしてください⇒外壁塗装 勧められた

関連記事