まるでエステに行ったような仕上がりになると評判の「心花の彩(ときめきのいろどり)。」
メイクはよくても、結局は肌につけるもの。
お肌に悪ければ使っていても意味がありませんよね。
そこで「心花の彩」の成分について調べてみました。

メイクベースエステクリーム

ステップ1で使う美容ベースクリームには
カミツレ花エキス・オウゴン根エキス・センチフォリアバラ花エキス・シア脂(ココナッツから採れます)・水溶性コラーゲン・ヒアルロン酸Na等の美容液成分がたっぷりと配合されてます。
保湿とエイジングケアがしっかりと出来るってうれしいですよね。
シミが増えてきた肌でもしっかりカバーしてくれたのでうれしい限りです。

パウダリーファンデーション

ステップ2で使うファンデーションにはリンゴ幹細胞がたっぷりと配合されています。
「幹細胞」という言葉は、再生医療でも使われてるようになってきたことから聞き覚えがある方も多いと思います。
この幹細胞、どんな細胞にも変化できる細胞のことです。
リンゴ幹細胞は人の表皮細胞の栄養になってくれるので栄養をたっぷりと摂った表皮細胞はどんどん元気になってくれるんです。
表皮細胞が元気になるとお肌はつるつるに!UVカットも入ってるので多少の外出ならこれだけでもOKです。

ヴェールフェイスパウダー

ステップ3はフェイスパウダーで仕上げの美肌作りです。
パールが配合されていますがほとんどキラキラしないので見た目にもよく普段使いも大丈夫です。
またフェイスパウダーに化粧崩れを防ぐミネラルを美容成分が包み込んでいる構造。
そのためしっかりメイクでもお肌には優しく、長時間でも気になりません。

この簡単な3ステップでキレイで健康な肌を一日中キープしてくださいね♪
詳しい成分について書いてあるのはこちら⇒心花の彩 成分

関連記事