成長期の頃になると髭が生えてきますが、なぜ生えてくるのか疑問に思っている人も少なくないでしょう。髭は男性ホルモンの分泌量が多い人ほど濃くなって量も多くなるので男性の方が濃い髭が生えてくる事が多いです。また女性でも男性ホルモンの分泌量が多いと髭が生えてくる事があります。髭が生えてくるとT字カミソリや電気シェーバーを使用して毎日剃らなければいけないので面倒に感じてしまう事も多いです。髭はなるべく生えてこない方がいいと考えてしまいますが、髭が生えている意味も少なからずあります。そこでなぜ髭が生えているのか意味を考えていく事にしましょう。

 

 

寒さを防ぐために生えてくる?

冬の時期になると気温が氷点下まで下がる事があるので寒さが厳しいです。特に外出している時に顔に北風を浴びるとすごく寒く感じてしまいます。しかし髭が生えていると北風を浴びた時でもしっかり守ってくれるのであまり寒く感じない事があります。髭が生えてくるのは寒さを防ぐのに意味があると言われています。

 

肌荒れを防ぐために生えてくる?

アレルギー体質で肌が弱い人は外部の刺激を少し受けただけで肌が荒れてしまう事があります。肌が荒れてしまうと痒みが強くなったり炎症が起こったりしますが、髭が生えていると外部から刺激を受けないように肌を守ってくれます。髭が生えてくるのは肌荒れを防ぐのに意味があると言われています。

 

紫外線対策をするために生えてくる?

夏の時期になると気温が上がるので紫外線が強くなってきます。紫外線を一番浴びやすい部位は顔なので日焼けをするのも顔が一番多いです。しかし髭が生えていると紫外線から肌を守ってくれるので紫外線対策にもなります。髭が生えてくるのは紫外線対策をするのに意味があると言われています。

髭が生えている意味を考えてみるとこのような点が挙げられますが、実際に髭が生えていると不衛生に見えてしまうので出来れば処理したいものです。自己処理をしているだけだとすぐ生えてくるので出来れば髭を脱毛して生えてこないようにしておきたいものです。特に男性は髭が濃いと処理した後に顔が青くなってしまうのでコンプレックスになってしまう人も少なくありません。髭が生えている意味を考えると生えていた方がメリットになるという考え方もありますが、ほとんどの人は髭は生えていない方がいいと考えています。最近ではメンズ脱毛サロンに通って髭を脱毛して顔を綺麗にする男性が増えてきています。(参照:髭 意味

 

 

関連記事

    None Found