外壁塗装を行う際に一般の方は工務店や、大手ハウスメーカーに頼み、安心と信頼を取るために高いお金を払ってしまいます。
ここで大手ハウスメーカー、工務店等の落とし穴をお教えいたします。
大手ハウスメーカー工務店に仕事を依頼した際に、そこの業者の担当者が必ず現れます。
分厚いカタログを持って、自分の会社のアピール等々、初日は1人で来て、見積もりを持ってきては2人で来て、その間現場管理と言いながらした下職(下請け)に全部お任せ、自分は朝一顔出しその現場になくなり後はお任せしますね夕方また来ます。
このような大手ハウスメーカーの体質でお客様はこの大手ハウスメーカーにお金を払っている、私が言いたいのは何か?ここに無駄なお金を払っているのです。
この何もしないと言う担当者、ここにお客様が無駄にお金を払っています。
大手ハウスメーカーが悪いと言うのではなく、日本の建設会社のシステムがこれが当たり前になっているんです。
街の塗装屋さんは、見積もり、現場説明、なおかつ現場で作業をを自分たちの手で行い、細かいところの気配り等々をしています、もちろん自社施工で行います。
小さい会社だから保証がないんじゃないか?というお客様がたくさんいると思いますけれども、小さい会社ほどフットワークが軽いのです。
メリット、デメリットを考えながら業者選びをしていったほうがよろしいかと思います。
外壁塗装の自社施工について興味を持った方はこちらも参考にしてください。⇒外壁塗装 自社施工

関連記事