シミ対策ができるキミエホワイトには、ホルモンバランスを整える効果を持つ成分が含まれていません。
そのため、シミの原因によってはキミエホワイトを使っても効果を実感できません。
シミになる原因は、加齢や紫外線やアレルギーによる炎症の他にも、寝不足やストレスなどによるホルモンバランスの乱れが原因になります。
ホルモンバランスの乱れによってできたシミは、キミエホワイトでは治すことができません。
なぜなら、キミエホワイトに含まれるL-システインとアスコルビン酸とパントテン酸カルシウムには、ホルモンバランスを整える効果がないからです。
黒色メラニンの生成を抑制してシミを予防する効果を持つL-システイン、皮膚や粘膜を正常に保つ効果を持つアスコルビン酸、健康な皮膚を保つ効果を持つパントテン酸カルシウムの3つの成分を含むキミエホワイトは、アレルギーやニキビによってできるシミを改善しやすいです。
ちなみに、ホルモンバランスを整えるにはカルシウムやマグネシウムを多く含んだ肌に関する医薬品を選ぶことで、ホルモンバランスの乱れによってできるシミを改善できます。
アレルギーやニキビによるシミにはキミエホワイトが適切ですが、ホルモンバランスの乱れによるシミにはキミエホワイトは効果を発揮できません。

キミエホワイトについて、こちらも参考にしてください⇒キミエホワイト 効果

関連記事