現在、地球に優しいクリーンな自然エネルギーとしてよく名前を聞くのが太陽光発電です。
太陽光発電活用術にはどのようなものがあるのでしょうか?活用術という事で考えてみると様々なものがあります。
まずは、空いている土地などに太陽光発電を設置する事で土地の活用をする事が出来ます。
これも活用術という面からみればひとつの活用術です。
それから、太陽光発電の活用術には非常時に活用出来るというのがあります。
あまり起きては欲しくありませんが、自然災害などで停電してしまった場合には太陽光発電を利用する事が出来ます。
パワーコンディショナ通称パワコンには自立運転が出来るようになっていてコンセントがついています。
災害時には、自立運転をさせる事で電力を確保する事が出来ます。
特に昨今では大地震や大雨など自然災害がいつ起こるかわかりませんので、こういった太陽光発電の活用方法を普段から意識しているといざという時に太陽光発電を活用する事が出来ます。
太陽光発電はただ、売電収入を得られるだけではなくこのように、土地の有効活用や非常時の電源確保など様々なメリットがあるというのが理解出来たと思います。
太陽光発電を正しく理解して最大限有効活用しましょう。
こちらに太陽光発電について書いてあるので参考にしてください。⇒太陽光発電 活用術

関連記事


    太陽光発電には360時間ルールというものがあります。 360時間ルールとは、電力会社が自社の発電設備の出力を抑制しても電力の供給量を上回る場合、年間360時間を上限に無補償で出力を抑制するように要請で…