ビタミンCと聞くとレモンのイメージがするほど数十年前から有名な成分ですよね。体を元気にするイメージやお肌の調子を整えるためにはビタミンCが良いと思っている方はとても多いと思います。
ビタミンCについては皆さんご存知の点も多いと思いますがもう一度基礎からビタミンCについて学んでいきましょう。

ビタミンCは、水に溶ける水溶性ビタミンの1つになります。
どんな効果があるのかといいますと、ビタミンCには、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというタンパク質を作るので絶対に必要となってくる成分です。
これのおかげで皮ふや粘膜の健康維持に役立ってきます!それに、
病気などいろいろなストレスに対する抵抗力を強めてくれたり鉄の吸収をパワーアップしてくれます。
さらに、抗酸化作用もあるのが特徴です。
抗酸化といえばアンチエイジングの代名詞的存在ですからね。

悪名高き活性酸素から体をガードしてくれる働きをすることから、動脈硬化や心疾患を予防することも期待できます。

ビタミンCはストレスをたくさん抱えている方ほどたくさんとる必要があると言われています。
ここでのストレスとは、寒さ、暑さ、疲労、苦痛、心痛、睡眠不足、働き過ぎなどです。
精神的だけでなく物理的なストレスも含みます。
それにタバコを吸う人も、より多くのビタミンCが損なわれると言われています。
ですので喫煙者は非喫煙者より多くビタミンCを摂取することが望ましいです。

そんなビタミンCは一体どんな食品に多く含まれているのでしょうか
 ビタミンCの多い食品は、果物ですね。特にかんきつ類やイチゴに多く配合されています。
あとは野菜、芋です。ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いので、できる事なら新鮮で生の状態で食べるのが良いことになります。

その際ポイントになる事は、洗い過ぎないことか重要です!
また茹で過ぎたり、水にさらし過ぎたりしないことです。
せっかくのビタミンが逃げてしまいます。

ビタミンCは少ない量で頻度を多くして摂取することが望ましいとされています。

ひとてまいについて、こちらにも書いてあるので参考にしてください⇒ひとてまい 口コミ

関連記事


    ヒアルロン酸注射は関節痛を和らげるためや激しいスポーツでの 関節痛の予防に効果を発揮する治療で、膝だけでなく、肩や肘など いろいろな関節の痛みを和らげます。 現在の日本の保険治療では変形性膝関節症など…