一つテンヤといえば千葉の大原が発祥の地とされています。錘と一体になった針に芝エビなどのエビをつけ他だけのシンプルな仕掛けで鯛を釣ります。
大原ははテンヤ発祥の地というだけあって多くの一つテンヤ専門船があります。

しかし、ここ最近は大原でも鯛ラバをやる人が増えてきたとか?実際にテンヤ船に乗船してみると鯛ラバをやる人が確実に増えていました。

テンヤか鯛ラバか?

元々大原では水深が20mいかの岩礁地帯を攻めるので軽いテンヤで底をとりながら釣る方法が適していました。
しかし、鯛も一年中、浅場にいるわけではありません。水深50m以上になると軽いテンヤでは底をとれずに苦戦します。

そんな時に役に立つのが鯛ラバです。鯛ラバであれば100g、時には200gの錘を使うので水深100mでもシッカリと底をとれます。
鯛は海底付近にいることが多いので底をとることは非常に需要になります。

私の使い方では水深40m以上は鯛ラバでそれより浅ければテンヤで釣る方法がもっとも効率よく釣れるともいます。
ぜひ参考にしてください。

鯛ラバについて参照サイト
http://xn--dckb1bg0a5e6a2h9dxdxfoe.com/?cat=4

関連記事

    None Found